スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新井 祥:『性別が、ない!』ということ。

[2009.10.18 ねこブログでの記事から転載]

ジョゼフィンちゃんを見ていると、ほんとうに生命の神秘を感じます。
(ジョゼフィンちゃんについてご存知ない方は、こちらをご覧ください。)


男のコ顔ジョゼ01(2009.09.20)


半陰陽のジョゼフィンちゃん、ときとして男のコ、ときとしておんにゃのコのお顔になります。

ワタクシたちは、いろいろな表情のジョゼフィンちゃんを知っています。


男のコ顔ジョゼ02(2009.10.15)


しかしですね、近頃のジョゼフィンちゃんは、どうもいつも男のコ顔なのです。

今日の記事の写真は、9月以降のものなのですが、どれもこれも男のコ顔です。


男のコ顔ジョゼ03(2009.10.15)


以前、こちらの本を読みました。

『性別が、ない!』ということ。『性別が、ない!』ということ。
(2007/11)
新井 祥

商品詳細を見る

著者の方は、ジョゼフィンちゃんのような身体を持った方です。


男のコ顔ジョゼ04(2009.10.15)


この本によると、人間は性ホルモンに大いに支配されている、ということがわかります。

ジョゼフィンちゃんには、どのようなバランスで男性ホルモンと女性ホルモンが分泌されているのか、
わかりません。


男のコ顔ジョゼ05(2009.10.10)


男のコ顔がずーっと続いているっていうことは、
今は男性ホルモンの支配下にあるってことなのかしら...?

ジョゼフィンちゃんが、男のコでもおんにゃのコでも、どちらでもいいんですけどね。


男のコ顔ジョゼ06(2009.10.10)


でも、このコを見ていると、生命の神秘ってこういうことかなあ、なんてことを感じたりします。

ニコライくんもフレイヤちゃんも、ふたりともジョゼフィンちゃんのことがダイスキなのですが、
彼らにとってジョゼフィンちゃんってどういう存在なのかなあ、なーんて、
ちょっぴり考えちゃったり (^^)
スポンサーサイト
[ 2009/10/18 15:11 ] 新井 祥 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。