スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東野 圭吾:プラチナデータ

プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


映画の主演が二宮くんだったので、
映画を先にしようか、本を先にしようかと悩みましたが、
結局本を選びました。
そのあと映画を見るつもりだったのですが、肝腎な部分が映画化で改変されていることを知り、
いまだに映画を見ていません。
そういえば、昨日TVでやってたな。
見たい気がするけれど、見ないまま終わるような気もする。

小説は、すばらしいです。
相変わらず、細かい部分のプロットまで練られていて。
ワタクシは、基本、お風呂で本を読むのですが、
これはお風呂時間だけでは続きを待てず、
陸でも読んでおりました(笑)

著者ご本人が映像化を意識して執筆なさった作品とか。
確かに、随所に映像で見たい部分が出てきて、
しかたないから自分の脳内で映像化していました。
そういう意味では、やっぱり映画も見た方がいいのかな。
改変部は気にしないようにして。

この作品世界は、清水玲子さんの「秘密」の世界に近い。
両方とも近未来に設定されているので、もしかしたら同じ世界なのかも。
こういう時代が来るんだろうなあ。
何もかもがDNAで管理される、管理側から見たら超ラクな世界に。
技術の進歩はありがたい半面、微妙なことも起こす。
そんなことを考えながら、一気読みしたのでした。

それにしても、最後の2ページのすみっこをジョゼフィンお嬢さんに破られたときは焦った!
(ワタクシが本にかまけていたので、本を持ってくればかまってもらえると思い、
彼女はワタクシのところに読みかけの「プラチナデータ」をくわえて運んできたのでした)

切れ端を見つけ、セロテープでつなぎあわせて読了。

スポンサーサイト
[ 2014/03/24 13:01 ] 東野 圭吾 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。